ひとコマ

日常の小さな出来事。

トンネルを抜けると雪が降っていた。

今日、用事があって大津に向かった。

京都駅からはふたつトンネルを抜ける。

ひとつめを抜けると山科。

そしてふたつめを抜けるとすぐ大津駅がある。

本を読んでいて、ふと顔をあげると、

雪が降っていたので驚いた。

大津駅を出ると、冷たい雪が落ちてくる。

さっきまで比叡山が見えていたのに、

瞬く間に視界が白くなって、

何も見えなくなってしまった。

当初、用事をすませたら浜大津に降りて、

琵琶湖を眺めて、

それから京阪で帰ろうかと思っていたのだけれど、

あまりに視界が白くて何も見えないので、

あきらめて、再びJRで帰ることにする。

家族にLINEすると、

家の辺りでも雪が降り出したと返ってきた。

ところが、ひとつトンネルを抜けて山科に入ると、

青空が広がっていた。

え?山科には雪の気配もない。

そして京都駅についても雪の気配はなかった。

ううむ、やっぱり京都駅と我が家付近では

気候が違うらしい、^-^;

f:id:suzukokage:20180208153305j:plain

 

本日の用事は父と母のお金にまつわる申請の色々手続き。

銀行と支所をはしご。

これで本日のお休みは半日つぶれた。

その前の日にも支所や銀行に問い合わせの電話をしたりして、

いろいろと見えない費用と時間がかかってる。

父と母の口座にはお金がちょっと戻ってくるのだけれど、

私の懐には一銭も入らないんだよね。^-^;

これ、お仕事だと割りきれたらいいのに。

 

両親が入院していた時の保険の手続きも

しなくちゃいけないんだけれど、

病院の先生に診断書書いてもらわないといけなくて

これまた1日仕事だなと思うと、

まだ動けてない…ふぅ。

(余談だけれど、その保険証書も

いろいろめんどくさい手続きをふんで、

再発行したのだった。

↑これでもう力尽きた感がある。^-^; )

 

(おまけ)

f:id:suzukokage:20180208151745j:plain

大津駅のプラットフォームにいたセキレイ君。

(iPhoneで拡大して撮ったから画像粗いけど。)

君はほんとにどこにでもいるなぁ…。

 

 

f:id:suzukokage:20180208163703j:plain

帰り、無性にサンドイッチが食べたくなったので、

ポルタのイノダコーヒーに行こうとしたら、

なんとポルタの東エリアは工事中だった。

仕方ないのでリプトンをのぞいてみたけれど、

人がいっぱいで、断念。

なので地下鉄に乗って、御池まで出た。

御池の駅ナカには志津屋が入っていて、

イートインコーナーもある。

京都駅のように外国人観光客で

あふれかえっていることもない。

というわけで、途中下車して志津屋で休憩。

 無事?サンドイッチを食した。

満足。^-^

2018年1月備忘録。

f:id:suzukokage:20180118120412j:plain

気がつけば、去年の2月以来、更新が止まっていました。

今年はせめてひと月に1度は更新が目標ですが、

さて、どうなりますことやら。^-^;

 

f:id:suzukokage:20180117104308j:plain

 これは今年の誕生日の花。

 

f:id:suzukokage:20180117213523j:plain

ムスメからは、バラのジャムや紅茶など、

薔薇シリーズをもらった。

バラのジャムやシロップというと、ついポーの一族を思い出す。

中学生の頃だったか、ポーの一族に傾倒しすぎて(笑)

バラのジャムを自分で作ったことがある。

でも煮詰めすぎて、あまり上手に出来なかった。

バラジャムはまだもったいなくて食べてないけれど、

シロップは炭酸割りにして飲んでみた。

なかなか美味しい。^-^

紅茶はマリーアントワネットというバラの品種を

使っているそうだ。

フランス王ルイ16世の王妃に捧げられたバラ 「マリー アントワネット」 (バラコラム)

いい香りのする紅茶だった。

 

f:id:suzukokage:20180118155255j:plain

永楽屋さんの茶房にて。

実は茶房に入ったのははじめて。

四条河原町という場所にありながら、

なかなか落ち着ける場所。

若い子はその近くの別の場所で並んでいるので、

穴場かもしれない。

次はつくりたてわらび餅をいただこうと思う。

 

f:id:suzukokage:20180106185729j:plain

阪急、じゃなかった。

マルイの上のレストラン街がリニュアルした。

これは回転寿司屋さんの生ずわい蟹。

毎朝、金沢からネタが届くそうで、ネタが新鮮。

のどぐろなどもある。

去年から家族で行こうといいながら

なかなか行けずにいたのだけれど、

お正月休みにやっと行けた、^-^;

 

f:id:suzukokage:20171208111533j:plain

ちなみにこれはランチメニュー。

 

f:id:suzukokage:20171210152213j:plain

このところ、毎週末に川端通りを南下するのが

恒例行事となっている。

これは年末のものだけれど、車から撮った幻日。

実は昨年の9月に両親が倒れ、約2ヶ月入院ののち、

11月中旬に介護老人福祉施設に入所した。

(これについてはまた別の機会に書こうと思う。)

その施設に洗濯物を取りに通っている。

二人分の洗濯物なので、結構大量な荷物。

そして、毎回、コインランドリーのお世話になってる。

(これがまた大変。混んでいることもあるので、

コインランドリー巡りをする時もある。)

先日は父のパジャマが足りなくなったので、

乾燥機対応のパジャマを買ったら、

おそろしく高くてびっくりした。^-^;

 

f:id:suzukokage:20180114075905j:plain

施設から時々電話がかかってくる。

そして何かトラブルがあったとすれば、必ず父なのである。

(これは入院中もそうだった。だいたいが転倒したという内容)

最近、父も状況に慣れてきたのか、

そういう報告の電話の回数が減ってきたので、ほっとしている。

(と書いたら、かかってきそうだけど、^-^;)

 

それにしても、毎月、湯水のごとくお金が出て行く。

介護施設って、びっくりするほどお金がかかる。

(父が一人部屋、そして介護保険2割負担というのも

影響しているのだけれど。)

この1月にはじめて丸々1ヶ月分の請求が来たのだけれど、

請求金額をみて、一瞬くらっとしてしまった。

 

子どもだったら、あと何年で入学とか、卒業とかわかるので、

お金の目安もつけやすいのだけれど、

介護に至っては、あと何年?というのが不透明で、

今ある貯蓄を、年いくら使っていいのか?

わからないからとても不安になる。

 

最初、病院のソーシャルワーカーさんは、

「年金でまかなえる範囲でさがしましょう」と

おっしゃってくださったけれど、

両親ともに同じところに入所という条件では

それは難しく、

結局、年金プラス貯金取り崩しで

やっていくことになった。

父たちがある程度の貯金を持っていてくれて助かった。

果たして自分たちのときは大丈夫か?

…と、今からちょっと不安。-_-;

 

(おまけ)

f:id:suzukokage:20171229115806j:plain

今年の年賀状の絵柄。(ムスメ・画)

 

f:id:suzukokage:20180101173229j:plain

今年の御朱印

ムスメの御朱印はこれで見納めかも?

(来年はもうしないらしい…)

 

f:id:suzukokage:20180124204648j:plain

ムーミンチョコ。

去年買いそびれたので、

缶ケースほしさに今年は初日に高島屋へ行って来た、^-^;

 

ヴァレンタイン♡マカロン

f:id:suzukokage:20170212205425j:plain

料理を作るのは好き、

パンも作るのは好き、

でも、お菓子作りは嫌い!

チョコレート作りの甘ったるい匂いが気持ち悪い!

というのが、ムスメの口癖。

そうブツブツ言いながら、

今年もヴァレンタイン用のお菓子を作る矛盾、笑。

本命のコが居る訳ではない。

すべて友チョコなるぬ、友マカロンらしい。

試作品のときは生地が少し固めだったが、

今回のはサクッ、ほろっと、

カロンらしい食感になっていた。

まあ、でも、また1年、

きっとお菓子作りは封印されることであろう。

 

ムスメが今、「四月は君の嘘」を読んで、

アニメを見ている。

最終回がショパンのバラード1番。

この最終回は涙もの。

アニメで泣くのは久しぶり。

(私の方が先に観ていた)

 

そしてムスメが言うには

「有馬君もママが好きな黒めがねだねぇ」だって。

どうも私が星野源は黒めがねかけてた方がいいって

言ったものだから、

黒めがね好きということになってしまったらしい。

(今観てる「3月のライオン」の桐山君も黒めがねだし、

舟を編む」の馬締君もそうだし…、んん?)

いや、別に黒眼鏡君が主人公だから

観ている訳ではありませんよ? ^-^;

 

 

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

 

 

 

 

 

逃げるは恥だが役に立つ Blu-ray BOX

逃げるは恥だが役に立つ Blu-ray BOX

 

 

こうして並べてみると、

確かにみんな黒めがねだ…笑。