ひとコマ

日常の小さな出来事。

学校という大きな繭。

f:id:suzukokage:20140617155152j:plain

お昼からムスメの学校に行かねばならなかったので、

久しぶりに朝10時から仕事。

そしていったん仕事を抜けて、学校へ。

 

懇親会。

先生からは

クラスの様子や進学についての話がありました。

どこの学部に自分が行きたいかは、説明会だけでなく、

大学の(HPに記載されている)シラバス

判断の材料にとのこと。

ムスメは以前、

そのシラバスを見て、さっぱりわからず、

寝てしまったと言ってました…。^-^;

こんな調子で大丈夫やろうかと、一抹の不安。

 

帰りに中学1年とおぼしき団体とすれ違いました。

まだ小学生のような子もいて、幼くて可愛らしい♪

彼女らを見たあとに、高校生とすれ違うと、

今度はまるで大学生のよう。

毎日ムスメを見ていてあまり感じてない成長というものを、

ひしひしと感じた日。

 

子どもたちはこの学校という大きな繭のなかで、

6年の年月をかけて、

少女から女性へと確実に変化しているのですね。

(でも自分の子は、まだまだ幼いと思ってしまうのだけれど。)

 

ー☆ー

 夕方、矯正歯科へ。

いつもトラブルが発生するのは、

何かの前日だったり当日だったり。

以前、トラブルが発生したのは、

旅行にいく当日でした。

今回は期末試験の2日前。

どうしてこう切羽詰まったときに

トラブルが起こるのかしらんね?