ひとコマ

日常の小さな出来事。

雷鳴轟く。

晴れた。

今、午前10時。

驚くほど静か。

この時間、どうやら蝉は休憩中らしい。 

f:id:suzukokage:20140719134551j:plain

<7月19日(土)の日記>

朝の雨がいつの間にかやみ、

晴れ間も出てきたと思ったのに、

昼過ぎにまた雷とともに夕立があった。

そんなに光っていると思えないのに、

まるで地を揺るがすような雷鳴。

お腹にずずん!と響くような音だった。

(どうやら雷様は

山を越えた滋賀の琵琶湖で大暴れだったそうだ。)

今度こそ梅雨明けの号令か。

雨が上がると、再び涼しくなった。

 

f:id:suzukokage:20140719215154j:plain

今夜も、再び夜の散歩に出かけた。

半袖で歩くと肌寒いぐらいの涼しさ。

f:id:suzukokage:20140719214346j:plain

パパもいたので、思い切って夜の神社へ。

(女二人じゃこわくて来れない…^-^;)

アオバズクが木陰にひそんではいないかと探すも、

見つけられなかった。

f:id:suzukokage:20140719214648j:plain

持っていた懐中電灯の灯りを消すと、暗闇が広がる。

すると耳が敏感になるのか、

闇の中からかすかに音が聞こえてきた。

木の葉っぱからしずくがしたたり、

それが下の草にあたる音がする。

鎮守の森のひそやかな息づかい。

f:id:suzukokage:20140719214501j:plain

この闇の向こうには

何か生き物が潜んでいるかもしれない。

夜に動くものたちの世界に

私たちは入りこむことは出来ない。

f:id:suzukokage:20140719214716j:plain

時おり、ガチャガチャガチャとクツワムシの声がする。

彼だけが夜の静寂を破るもの。

昼間さえずっていた小鳥たちは、

静まりかえって気配すら消している。

彼らがどこで休んでいるのか、

私たちは知らずに生活している。

 

(おまけ)

f:id:suzukokage:20140719203508j:plain

昨日、実家からもらった万願寺唐辛子、

グリルで焼いただけ。美味♪

夏の野菜は切っただけ、焼いただけで

食卓に出せるから嬉しい…^-^;

 

(おまけの写真)

f:id:suzukokage:20140718110623j:plain

カラスウリの花。

花は見かけるけれど、実がなっているところを

ついぞ見たことがない。

(去年は増水で、実をつける前に全部流された。)

f:id:suzukokage:20140718160051j:plain 

にゃんこ♡

f:id:suzukokage:20140719185130j:plain

キラリと、最後の輝き。 

 

と、ここまで書いたら、蝉が再び鳴き出した。

ただいま、午前10時20分。 

 

歩数計iPhoneアプリ) 2761歩。

昼間出歩かなかったから、夜の散歩の分。

3000歩いかなかった…^-^;