ひとコマ

日常の小さな出来事。

祗園囃子の見せる夢。

今朝は涼しかった。

窓から入ってくる風があまりにも爽やかで、

ここは京都じゃなく高原か?と思ってしまうぐらい…^-^;

なのに、朝一番はネット環境が悪くて、

なかなかアクセスが出来なくてイライラ。

こんなときは思い切ってあきらめればいいのに、

それが出来ない。

往生際が悪い人である。(いや、私のことだけど…^-^;)

 

f:id:suzukokage:20140720142430j:plain

<7月20日の日記>

ムスメの料理教室が終わる時間にあわせて家をでる。

しばらくしたら、オットから「大丈夫?」とメールがきた。

家はベランダに降り込むほど雨が激しいらしい。

けれど電車に乗っていたときも大丈夫だったし、

四条も雨は降っていなかった。

f:id:suzukokage:20140720142349j:plain

でも、何となくあやしい雲…。

雨が降ったおかげで、

いつもならゆらゆらと

視界が揺れてゆがむほど暑い四条河原町だけれど、

今日はそれほどでもなかった。

電車は混んでいた。

どうやらみなさん、

後祭の鉾曳始めを見に行かれる様子。

f:id:suzukokage:20140720142345j:plain

四条大橋からズームした三条大橋と北の山の写真が好き。

(以前も書いた気はするけれど、^-^;)

昔、この構図で撮られた写真を見た時、

えぇ、三条大橋と山がこんなに近いわけがないでしょう!って

おもったのだけれど、

実際、自分でズームして写真を撮ってみたならば、

このとおり山がほんとに近く写った。

こうして見ると、ふと現代から過去にタイムスリップして、

三条大橋を往来しているのが車ではなく、

牛車や飛脚のような気がして来るから不思議。

 

f:id:suzukokage:20140720190802j:plain

ムスメの水着を買いに、

マルイと髙島屋とOPAをはしごする。(疲れた…)

結局、ガチに泳ぎたい、でも友達ともプールに行きたい!

そんな彼女の希望を1枚の水着で叶えてくれるものはなく、

ガチに泳ぐ水着と、遊びにいく水着と

結局2枚も買う羽目になった。

ま、彼女は祖母たちからおこずかいもらってるし、

家にいただきもののギフトカードもあったので、

それらを全部投入して(笑)、なんとかなった。

ほんと女の子はお金がかかる。-_-;

それにしても、

最近の水着はほんとビキニばかり…。

それもどれも似たような雰囲気で、

もう区別がつかない。^-^;

彼女が希望するようなおしゃれなワンピース型なんて

流行じゃないのか売っていないし。

しかしみなさん、いったいどこに泳ぎに行くの?

この辺りはどんどんプールがなくなって、

遊びでプールに行くとしたら、

ひらパーしかないんですけど?

京都は近くに海ないし。

(すみません、丹後は遠くて…京都という認識にイマイチ欠ける。

むしろ若狭のほうが近いぐらい。)

それともみなさん、沖縄やグアムやハワイに

お出かけになるのかしら?

私も昔は、毎年水着を買っていたけれど、

(いや、自分ところで売っていたのでね、

自分で気に入ったものを仕入れて、

毎年新調していたわけですよ、

バブル経済のまっただ中、

ハイレグ水着全盛の時代…^-^;)

今の時代でも、

これだけ水着の需要があるっていうことは、

みなさん、どこかへお出かけになるって

いうことですよねぇ…?

(だって今の水着、昔に比べると高いですよ?

バブルの時代でもこんなに高くはなかった。)

 

f:id:suzukokage:20140720192813j:plain

水着を選び終わったら、午後7時を過ぎていた。

疲れたので、ひつまぶしで栄養補給。

 

f:id:suzukokage:20140720203033j:plain

夕食を食べた後、「後祭」の大船鉾を見に行く。

大船鉾については、こみちのほうに書きましたので、

詳しくはそちらをどうぞ。m(__)m

祇園祭<後祭>宵山前夜 - 風の小径

 

f:id:suzukokage:20140720205605j:plain

ムスメは北観音山から遠ざかるとき、

背後から聞こえて来るコンチキチンが

次第に幻のように音が小さくなっていく…

そういうのが好きだと言った。

f:id:suzukokage:20140720204943j:plain

確かに、背後から聞こえるお囃子が

だんだんかすかになっていくさまは

まるで夢の世界をさまよっているよう。

祗園囃子が見せる真夏の夜の夢

f:id:suzukokage:20140720205023j:plain

夜風が涼しく、

駒形提灯の間をそぞろ歩くのが

心地よい夜だった。

 

(おまけ)

f:id:suzukokage:20140720220143j:plain

今年も祗園ちご餅を買って帰った。

f:id:suzukokage:20140720221123j:plain

今年のちご餅は、しっかり白味噌餡の味がして

美味しかった。

 

歩数計iPhone アプリ) 11,987歩

後祭の山鉾の様子を見に行ったおかげで、

1万歩超え♪^-^