ひとコマ

日常の小さな出来事。

星に願いを☆

f:id:suzukokage:20140815230206j:plain

8月15日の夜、ものすごい雨が降っている。

なんだか梅雨よりも8月に入ってからのほうが

雨がよく降っている気がする…。

そしてこの2日間は、

いったん過ぎ去った盛夏が舞い戻ったかのように

蒸し暑い。 

f:id:suzukokage:20140814182917j:plain

<8月14日の日記>

夕刻、貴船神社へと出かけた。

 このところ、夕方の鞍馬行きに乗ると、

必ず浴衣姿のカップルを見かけたのだけれど、

みんな貴船神社へ出かけていたのね。

f:id:suzukokage:20140814184325j:plain

叡電の「貴船口」で電車を降りると、

まるで降るように鳴いているひぐらしの声に迎えられた。

「電車を降りると、そこは避暑地だった。」

まさに、そんな感じ。

バスに乗って貴船口から貴船まで移動。

途中、日帰り温泉の場所を通り過ぎる。

そうだった!

今年になって貴船に日帰り温泉が出来たのだった。

もう少し早めに出て、

この温泉に入るという手があった!

そうしたら、より納涼気分を味わえたのに。

(という訳で、来夏のためにリンクを貼っておきます、^-^;)

貴船温泉 水源の森 天山之湯

f:id:suzukokage:20140814184955j:plain

貴布禰総本宮 貴船神社

灯籠に灯りが灯ると、昼間とはまた違った雰囲気。

f:id:suzukokage:20140814191013j:plain

境内に入ると、願い事を書いた短冊

たくさん飾られていた。

f:id:suzukokage:20140814190701j:plain

うんうん、みんなが笑って日々過ごせたらいいよね。^-^

f:id:suzukokage:20140814190042j:plain

七夕の短冊は5色。

f:id:suzukokage:20140814190111j:plain

ムスメも願い事を書いて、

f:id:suzukokage:20140814190159j:plain

笹に飾り付け。

f:id:suzukokage:20140814191400j:plain

そして、水占。

f:id:suzukokage:20140814190550j:plain

今回は「末吉」だった。

(水占いで、大吉以外が出たのは、はじめて。

やっぱり大吉以外もちゃんとあったんだ…と、

今更ながらに知る、^-^;)

勉学が「危うし 全力をつくせ」

これはやばいですよ、お嬢さん!!!

全力をつくしてもらわないと!!

(このお盆はちょっと焦って勉強している…)

この勉学のひと言がショックだったうちのお嬢さん、

この占いのあと、なんだか元気がなかったように思う。-_-;

けれど、あれはきっと神の思し召し。

今が踏ん張りどころなんだ。

危うしをネガティブにとらえず、前向きに考えよう。

今度のテスト(8月末に非常に大事なテストがある)に向けて

ベストを尽くせってことなんだ。

そうすれば、道は開かれる!きっと…。

(あれ?実は私が動揺してる?!^-^;)

f:id:suzukokage:20140814193004j:plain

境内のフードコートには

イタリアンやパエリアのお店など、

いろんな京都のお店が出店していたのだけれど、

我が家が食べたのは、近江牛丼と唐揚げ♪

そして、冷茶もサービスでついてきた。^-^

(この冷茶がまた美味しかったり。)

f:id:suzukokage:20140814193950j:plain

牛丼のお店は、

「焼き肉ダイニング甲」というお店やった。

焼肉ダイニング 甲(キノエ)

場所は押小路柳馬場という街中。

隠れ家的な焼き肉屋さんらしい。

またお金のある時に、行ってみたい。

(って、いつ?)^-^;

f:id:suzukokage:20140814194235j:plain

奉納ライブは「デルソール」という

アコースティックな3人組。

毎年、貴船神社で奉納ライブをしているらしい。

アコースティックな音楽が

貴船の川の流れの音とマッチして、

なかなか心地のよい音楽だった。

delsole 

f:id:suzukokage:20140814195241j:plain

川床は昼間のイメージが強かったのだけれど、

夜の川床もまた風情がある。

川のそばは天然のクーラーが効いていて、

とても涼しかった。

 

 <Today's Photo>

こちらにも貴船神社の様子を載せました。m(_ _)m

七夕笹飾り。 - Today's Photo