ひとコマ

日常の小さな出来事。

五山の送り火(追記の覚え書きあり)

本日、3本目のエントリー…(ヒマなのか?!^-^;;)

f:id:suzukokage:20140816134148j:plain

前エントリーの「古本市にて。」で、

2時半にいったん雨が上がったと追記したが、

その後も、2回ほどまた激しい雨が降った。

どうやら100ミリを超える雨が降ったようだ。

前回のエントリーからさらに濁って激しくなった川。

(ふだんはチロチロとしか流れていない。)

これだけ茶色に濁ると、

どれだけ比叡山が削られているんだろう…と、思う。

(ただこの濁流は、

ものすごく山の栄養を含んでいるんだろう…とも思う。

昔はこれで田畑が肥沃になったと、

富山和子さんの本で読んだことがある。

今はそうしたことがなくなったので、

どんどん土地が痩せていっているとも…。)

8時前になっても、小雨が降っていたので、

家でゆっくりと送り火を見ることにする。

うちのベランダからは

少しだけひしゃげた「大」の字が見える。

あとは、KBS京都の中継で…^-^;

f:id:suzukokage:20140816200159j:plain

大の字の火を点火する様子。

KBS祇園祭の巡行のときもそうだけれど、

いろいろとその行事の歴史や由来などを

解説してくれる。

今回は、もともと五山は実は十山だったという

話をされていた。

五山送り火特集|KBS京都

うちの子は「蛇」が見たかったなぁ…などと

言っている。

火の点火が、まずは東にある「大」からはじまって

次第に西へと移って行くのも、

ご先祖様の霊を西方浄土へと送るためと

おっしゃっていた…なるほど。

そして興味深かったのは、「六波羅密寺」の

萬燈会厳修のお話。

本堂の中に大文字があるのだという。

そしてここで迎えられた精霊が、

大文字の送り火で再び空へと送られるのだとか。

年中行事 - 六波羅蜜寺

実はまだ六波羅密寺には行ったことがない。

(蛇足だけれど、そう言えば何年か前の斎王代は

ここのお嬢さんだったのだよねぇ…。

考えてみれば神事にお寺のお嬢さんというのも、

なんだかとっても日本らしいわ。)

f:id:suzukokage:20140816200513j:plain

↑これはテレビの画面で見た「大」の字。

f:id:suzukokage:20140816201258j:plain

そして、これが我が家のベランダから見える、

「大」の字。

如意が岳の前に瓜生山があるので、

大の一部しか見えない。

それでも、やっぱり生で燃えている火を見ると、

自然に手を合わせたくなる。

そこがテレビの画面とは違うところ。

小雨が降り、

時おりビカビカと稲光が空を走るなか、

赤い炎はゆらゆらと揺らめいて、

とても厳かだった。

 

(おまけ)

f:id:suzukokage:20140816141211j:plain

今日のお昼、外は大雨だったため、

家にあるもので、久しぶりにナポリタンを作った。

というか、結婚以来はじめてかも?^-^;

ナポリタンってそう言えば家であまり作ってない。)

なので、喫茶店で食べるナポリタンのイメージで。^-^

(ほんとはイタリアンパセリがよかったのだけれど、

なかったので、ディルにした、笑)

カゴメ株式会社 > トマトキッチンスタジオ > レシピ情報 > 追いケチャナポリタン

基本はカゴメのレシピを参考に、

最初の炒めはオリーブオイル、それにニンニクを入れた。

(バターは後で足す形で。)

美味しく出来たので、満足。^-^

f:id:suzukokage:20140816193142j:plain

夜は、ホマレ姉さん (id:homare-temujin)と、

 ryo (id:ochi_cochi)さんのナスバラ丼温泉卵プラスをまねて。

今日は少し温泉卵の水を入れる量を50cc減らしてみた。

(今回は、1Lの沸騰したお湯に150ccのさし水。13分)

黄味はうまいことなったのだけれど、

白味がやや固まりすぎかも?

今度は水の量をもう少し増やしてみよう。

温泉卵が作れない (id:onsentamago-ga-tsukurenai)さん、

私もまだまだ修行中です。

本日の修行報告でした、^-^;)

↑(追伸)

ありゃ? 何度やっても、ryoさんにリンクが貼れない…。

もう一度、挑戦!

 ryo (id:ochi_cochi)

さん、これでコール出来たかしら?

(追記の覚え書き)

8月14日、15日に三千院でも万灯会があるそうだ。

これは一度行ってみたい。

万灯会|行事・催し|天台宗 京都大原三千院