ひとコマ

日常の小さな出来事。

天使の梯子。

夏の疲れが出たのか、口内炎が出来ていて痛い…。

なのに昨日はカレー鍋にしてしまった、^-^;

(そして、今日のお昼はカレーうどん。)

f:id:suzukokage:20140905173658j:plain

昨晩の真夜中の工事は、

どうやら水道管入れ替えの工事だったようだ。

昨晩も工事はあると案内には書いてあったけれど、

昨日は音がした記憶がない。

それよりも雨の音のほうが激しかった。

昨日のお昼間、

仕事に出かける頃は雨が止んでいたので、

うっかり洗濯物を外に干したのだけど、

夕方、再び激しい雨が降ったようだった。

f:id:suzukokage:20140906151317j:plain

降ったようだ、と、人ごとなのは、

ムスメから「お母さん、ものすごい雨と雷。

覚悟して帰ってきてや。」と、

電話がかかってきたから。

(洗濯物は彼女が入れておいてくれた、ほっ)

でも、私のいる場所はそれほど降ってはいなかった。

Amemilを拡大すると、

烏丸通より西はちっとも降ってないのに、

比叡山の麓は真っ赤っかな降り様。

どんだけゲリラ豪雨やねん…。

f:id:suzukokage:20140905165910j:plain

その頃、私が窓から見ていたのは、

ちょっと赤味をさした天使の梯子

わぁ、きれい♪などと、暢気にうっとりしていた。

f:id:suzukokage:20140905172522j:plain

でも、外に出たら、

川がまた増水していたのでびっくり。

いつの間に、こんなに降ったんかいな。

(それとも昨日からの分も?)

地面もそこそこぬれていたので、

私が気がつかなかっただけで、

この辺りも相当降ったのかもしれない。

f:id:suzukokage:20140905172034j:plain

シジミ蝶も葉っぱのかげでじっとしていた。

ここで雨宿りをしていたのかも。

そして橋のたもとでも、雨宿りしているヤツがいた。

(それとも、増水で逃げてきたのか?)

f:id:suzukokage:20140905173650j:plain

ビクビクとしながら、ウロチョロとしていた。

なんだか心ここにあらずといった感じで。

(まったくヤツは、落ち着きがない。

ドクドクと早い心臓の鼓動が、

見ているだけでわかってしまう。)


瞳は可愛らしいんだけれどなぁ。

実はあの肌色のしっぽがどうも苦手、^-^;

f:id:suzukokage:20140905172617j:plain

5時にAmemilを見た時点では、

もう雨はあがったと思っていたのに、

電車に乗り、家に帰る頃には

再び激しい雨に見舞われた。

えぇぇ、いつの間に、次の雨雲が?!

今(土曜日の午後3時)もはっきりしないお天気。

いつになったら、

すっきりとした秋晴れになるのだろう。

f:id:suzukokage:20140905215406j:plain

新幹線博多駅小倉駅限定の雛子餅。

昨日、オットが疲れ果てて帰ってきた。

やっぱりここから九州は遠い。

せめて岡山ぐらいの距離だったらいいのに。

でも、来週も義兄の退院にあわせて、

再び行くことになった。

昔、義父が末期がんの頃、

オットは毎週九州に行っていたが、

それで腰の調子が悪くなったことがある。

今回も、オットの腰の調子が悪くならないことを

祈るばかり。

 

f:id:suzukokage:20140906091823j:plain

陣太鼓もくまもん仕様。

なんだか、雷様の太鼓みたいやなぁ、くまもん!