ひとコマ

日常の小さな出来事。

秋の味覚♪(追記:はらこ飯の作り方)

f:id:suzukokage:20140913214402j:plain

 千葉の親戚から梨が届いた。

f:id:suzukokage:20140913213627j:plain

ご近所に配ったら、

ラ・フランスが丸ごと一個入ったゼリーに変身した、笑。

わたしゃ、わらしべ長者か、^-^;

梨もみずみずしくて美味しかったけれど、

このゼリーも美味しかった。^-^

 

f:id:suzukokage:20140913201848j:plain

夕方、近所のスーパーに行ったら、

「紫ずきん」が売っていたので、思わず購入♪

紫ずきんは黒大豆の枝豆。

普通の枝豆より、大粒でほんのり甘い気がする。美味♪

今回はオットが電子レンジでチンしてみた。

(オットが単身赴任先で食べるためには

レンジを活用するしかないので、今回はその実験である。)

うむ、レンジでも、ちゃんとゆがけている。 美味♪ ^-^

紫ずきん/京都府ホームページ

 

f:id:suzukokage:20140913201842j:plain

そして、スーパーではさんまのお造りが出ていた。

その昔、サンマのお造りをいただいたのは、仙台でだった。

もう二十年も前の話だ。

あの頃は今のように鮮魚を運ぶ技術がもひとつだったのか、

サンマのお造りを関西のスーパーで見かけることが

なかったように思う。

(ついでにラ・フランスも仙台ではじめて知った。)

今はこうして近所のスーパーでもさんまのお造りを

手に入れることが出来る。

世の中進歩してるわ…。

 

f:id:suzukokage:20140913202913j:plain

そして、最後は「はらこ飯」。

「はらこ飯」とは、秋鮭とイクラとご飯。^-^

(ちょっと水の量を勘違いして、ベタっとしてますが、^-^;

でもお味はよかったです。美味♪ ^-^)

このはらこ飯も、仙台にいる時に知ったもの。

これを作ると、あの当時のことを思い出す…。

名取(なとり)へ行くと、

屋台みたいなところで美味しい「はらこ飯」を

食べられると聞いて、車を走らせた。

名取は先の震災で、津波の被害を受けた場所だ。

あの時、食べた場所は、

今はどうなっているのだろう…。

 

ーー以上、本日の秋の味覚でした♪ ーー

(追記)

はらこ飯の作り方

 米 3合

 秋鮭 3切れ

 合わせ調味料…薄口醤油 大さじ2と1/2(塩分気になる場合は2で)

        みりん大さじ3 

        塩小さじ1ぐらい(塩が気になる場合は減らす)

        酒大さじ1 

 いくらの醤油漬け 好みの量で、笑。

 のり 好みの量で♪

 

①米はといだあと、ざるにあげて水を切る。

②なべに合わせ調味料と水300ccを煮立て、鮭を入れて火を通す。(5、6分)

③炊飯器に米を入れ、②の煮汁を漉して入れ、水を足して水加減を調整して炊く。

(鮭は一緒に炊かない)

④鮭の皮と骨を取り除き、炊きあがったご飯の上にのせて蒸し、

 鮭をほぐしながら、混ぜる。

⑤器にもり、いくらをのせ、海苔を散らして出来上がり。^-^/

 

鮭を一緒に炊く方法もあるようですが、

いったん取り出したほうが、鮭の臭さがなく、

上品に仕上がります。^-^

(でも、もともと上品な飯じゃないけど…^-^;)

お試しあれ♪