ひとコマ

日常の小さな出来事。

卒業式でした。

先週の金曜日、

ムスメが6年間通った学び舎を

無事に卒業いたしました。

 

f:id:suzukokage:20150222101635j:plain

思えば、礼拝に始まり、

礼拝で終わった6年間でした。

うちはクリスチャンでも何でもないけれど、

成長過程において、

こうした宗教を学ぶというのは、

どこか心の拠り処となるのではないかと

思うのです。

また、この国際社会のなか、

キリスト教や他の宗教など、

いろんな国の背景や根底にあるものを

知る事は必要じゃないかと思ったりします。

そうした学びの機会があった事は

この学校に入れてよかったと思うことのひとつ。

 

f:id:suzukokage:20150222155229j:plain

卒業式の朝、「後でこれを読んでね」と

「パパとママへ」と書かれた手紙を受け取りました。

(ルーズリーフに書かれているところが

何とも…笑)

そのなかに自分がここへ通えたことへの感謝などが

書かれていて、思わず朝から涙。

(これ書きながら、また涙出てきた…)

手抜きのお弁当ばっかりだったにも関わらず、

「ママのお弁当はおいしかった」と

書いてくれて、また涙。

相手を思いやる心もこの学び舎で

学んできてくれたものだと思われ。

本当に6年間、ここへ通えてよかったと

親も感謝の気持ちで一杯です。