ひとコマ

日常の小さな出来事。

失せものいづるべし。

f:id:suzukokage:20151129113553j:plain

この日曜日、

高校時代の友人たちと

滋賀の永源寺と教林坊へ紅葉狩りに行って来た。

最初、地下鉄の駅で

ICカードをチャージしようとしたのだけれど、

駅構内のチャージ機は、

1万円札が使えず改札で両替せよとのこと。

予定の電車の時刻がせまっていたので、

そこでのチャージはいったんあきらめた。

 

f:id:suzukokage:20151129151045j:plain

ところが、昼食を食べてお財布を出したところ、

さっきしまったと思った1万円札がない。

慌てて駅に落としてしまったかと、

今日になって駅の改札でたずねるも、

落とし物としての届けはなかったという。

実は以前も京都駅で1万円なくしたことがある。

どうも電車の時間を気にしていると、

お金をなくすらしい…-_-;

そんなわけで、

今日はとぼとぼと歩きながら帰ってきたのだ。

 

f:id:suzukokage:20151129153919j:plain

この教林坊の書院の茅葺きの天井裏には

大黒様がいらっしゃる。

せまい急な階段を登って行くと、

天井裏は結ばれたおみくじだらけで

ちょっとびっくり。

大黒さまの前には、お賽銭箱とともに

古風なおみくじが置いてあった。

 

ひいてみたならば「吉」。

このところずっと「末吉」だったけれど、

少し運気が上がったのか。

失せ物のところは、

「いづるべし」とあった。

 

駅で「落とし物はなかった」と聞いたときには、

ああ、おみくじは当たらなかった…と

思ったのだけれど、

スーパーでお買い物をしているとき、

お札が足りなくなって、

お財布のふだんは使わない、

臨時用に千円札を入れてあるポケットから

お金を取り出してみたら、

あら不思議、

それがなくなったと思っていた一万円札だった。^-^;;

どうやら無意識に

普段は使わないポケットにしまっていたようだ。

財布は何度も確認したのだけれど、

ふだんそこには千円札しか入れていないので、

チェックしなかったのだ。

まさかそこに1万円札が隠れているなどと、

思ってもみなかった。^-^;;

思い込みっておそろしい…。

1日経って、

大黒さまのおみくじの言った通りになった。^-^

一度はもう最初からあの1万円札はなかったのだと

思い込もうとしていたので、

なんだか得した気分にまでなっている、^-^;;

何はともあれ、大黒さまに感謝♪