ひとコマ

日常の小さな出来事。

痛みのゴールデンウィーク

f:id:suzukokage:20210509123618j:image

このゴールデンウィークはほとんど寝たきりだった。

5月1日、左腰のすこし下のあたりが痛いので、

念のため、湿布を貼る。

2日、起き上がろうとすると激痛。

尾てい骨のあたりがとにかく痛い。

時間が経つほど、痛みが増してきて、

なんだか絶望的な気持ちになる。

ネットで調べると、どうも坐骨神経痛の症状。

3日目も寝たきり。

食事をとるのも座れないから、

寝たまま食べることにする。

一応、家にあったロキソニンを飲む。

4日もあまり状態は変わらず。

ロキソニンで少し症状が緩和された時を狙って

なんとかシャワーを浴びる感じ。

とにかく連休があけるのをじっと待った。

虹は5月2日のもの。


f:id:suzukokage:20210509123611j:image

食事の用意はムスメがほとんどしてくれた。

私はまるでおばあちゃんになった気分。

ああ、なんだか老後の生活が思いやられる。

お買い物行けなくなったら、生協とネットスーパーかしら。

ネットスーパーは使ったことがないけれど、

友人はこの間使って、とても助かったと言っていた。


f:id:suzukokage:20210509123608j:image

6日、朝一番に整形外科を受診。

覚悟はしていたけれど、時間かかった。

2日や3日のような激痛はおさまっていたので、

なんとか待合室で待てる。

でも椅子に長時間座るのはつらいので、

立ったり座ったり。

結局、診察が終わったら、

とっくにお昼は過ぎていた。

でも先生がその日のうちに

なんとかMRIの予約を取ってくれたので

午後3時にMRIを撮りに行くことになった。

会計待ちの間に、院外薬局に処方箋を送り、

院内カフェで食事を取った。

今はパシャっと撮影するだけで処方箋は薬局に送られる。

世の中進化していて驚き。

そしてお薬手帳もアプリで管理。

(でも、ココカラとキリン堂スギ薬局

それぞれおくすり手帳のアプリがあるのよね。

統一アプリってするわけにはいかないのか?)

MRIは閉鎖空間より音にびっくりする。

(閉鎖空間は目をつむっていれば大丈夫な私)

無事に検査終了。

 

f:id:suzukokage:20210509182113j:image

 

翌日、MRIのCDRを持って、再び整形外科へ。

結果、腰椎と仙骨の間の椎間板が神経に触っていた。

いわゆる椎間板ヘルニアである。

とりあえず、お薬とコルセットで様子見。

今はお薬が効いたのか、

とりあえず激痛は無くなった。

今も尾てい骨あたりはしびれているので、

まだまだ油断はできないけれど。

だんだんと体が壊れていってるなぁと

思う今日この頃。

ここ数日、あまりの痛さに

もし万が一、末期ガンになったら、

ホスピスで痛み緩和治療をしてもらいたいと

切実に思ったのだった。

写真はなんとか歩けるようになった帰り道。

太陽柱(サンピラー)になっているのを見つけて

パシャリ。


f:id:suzukokage:20210509123615j:image

母の日のプレゼント♪

ムスメは今リモートなので、

お給料を使う機会がなかなかなさそう、^-^;

ムスメの卒業。

f:id:suzukokage:20210322104820j:plain

3月、ムスメが大学を卒業した。

コロナ禍のなか、果たして無事に卒業式が出来るのか?と

心配だったが、学生限定という形で執り行われた。

(親はネットのライブ配信を見る形。

ちょうどバスから降りて、鴨川のたもとで配信を見ていた。

上の写真はその時のもの。)

卒業式のあと、謝恩会は当然開催されることはなく、

お昼ご飯も食べることなく、

粛々と皆と名残を惜しんでいたみたいだ。

 

f:id:suzukokage:20210319134900j:plain

ムスメの修士2年目は非常事態宣言で始まった。

せっかく某財団の研究費が当たったというのに、

もしかしたらフィールドワークができなくなる?

という不安から始まった4月。

なんとか夏にはフィールドワークに出かけることができて、

無事にデータを取ることができたようだった。

でも、本来の活動時期より2ヶ月ほど出遅れたため、

なかなか大変だったようだけど。

無事に修論提出できてよかった。

あと某学会で賞をいただいたのだけれど、、

やっぱりコロナの影響で授賞式は開催されずに終わった。

(ただ華々しく大学のホームページのトピックスに載ったので、

びっくり。

↑本人の予定では、研究室のホームページにだけ

ひっそりと載るつもりだった、^-^;)

 

コロナ禍でなければ、

修士2年では海外の学会に行く予定だったりしたのだけれど、

それもまた夢のまた夢で終わってしまった。

(私も密かに一緒に行こうと思ってたのに…残念だ)

もちろん卒業旅行も無しである。

色々とナシナシ尽くめな1年だったけれど、

とりあえず無事に卒業できたことが、何よりと思う。

 

f:id:suzukokage:20210319175255j:plain

さて、四月からは新入社員としてリモートで研修を受けている。

社会人としての一歩を踏み始めたムスメ。

あらたなステージをまた精一杯頑張って欲しいと思う。

ムスメとご近所巡り

 

 

気がつくと、いつのまにか立秋を迎えていた。

今年の夏はどこにもいかない。

ほんとはどこか涼しいところ行きたいけれど、

仕事先からは不要不急な用事で府外に出るなと言われているし、

家族との会食ですら控えるようにと言われている今日この頃。

ほんとにどこにも出かけられないのだ。

 

f:id:suzukokage:20200609113317j:plain

緊急事態宣言解除後、

6月初旬に、ムスメと一緒に京都市京セラ美術館に行った。

彼女は4月から6月までずっと家にいて

オンラインでゼミや打ち合わせをしていた。

火曜日は基本フリーだったので、

二人でご近所巡りをすることに。

(徒歩、またはバス1本、電車1本で30分程度で出かけられる範囲。)

 

その第一弾が京都市京セラ美術館。

詳細はこちら↓

kyonokomichi.hatenablog.com

 

f:id:suzukokage:20200609144158j:plain

美術館のあと、平安神宮に立ち寄った。

こんなに閑散とした平安神宮ははじめてかも。

 

f:id:suzukokage:20200609145530j:plain

写真が多いので、あとでToday's Photo のほうに載せようかな。

全然「今日の写真」じゃないけれど、^-^;

 

f:id:suzukokage:20200616134438j:plain

次の週は、拝観再開したばかりの詩仙堂へ。

ほんの少しだけサツキの花が残っていた。

 

f:id:suzukokage:20200624105938j:plain

次の週は瑠璃光院へ。

まだムスメが高校の頃、

夜間拝観には連れて行ったことがあったのだけれど、

昼間はそういえば行ったことがなかったので、行くことに。

私も2年ぶりだ。

拝観料を払って袋の中を見ると、

いつもの写経セットに加えて、

ミネラルウォーターのペットボトル付き。

外国人観光客はいなかったけれど、そこそこ人は来ていた。

 

f:id:suzukokage:20200623145339j:plain

八瀬は涼しかった。

ムスメと二人で川辺で涼みながらアイスを食べる。

 

そして次の週、

ほんとは貴船の流し素麺に行きたかったのだけれど、

雨が降って行けず、

そうこうしているうちに土砂崩れで

市原ー鞍馬間が通行止になった。

(いまだ回復してない。)

 

f:id:suzukokage:20200707114001j:plain

七月に入り、厄除けのちまきをもらいに八坂神社へ。

神社の手前で雨が降り出し、土砂降りの中、お詣り。

詳しくはこちら↓

kazenokomichi.hatenablog.jp

 

f:id:suzukokage:20200707120301j:plain

その後、雨のなか、両足院へ。

 

f:id:suzukokage:20200707121322j:plain

ムスメは

ちょろっと実家に生えている半夏生しか知らなかったので、

こんなに群生しているのを見て、ちょっと驚いていた。

少し白色から緑にもどりかけている葉っぱもあった。

やっぱり不思議な植物だ。

 

その後、ムスメは大学に行きはじめ、

今は感染防止につとめながら、

フィールドワークに出かけている。

修論かかっているので、行けてよかった)

もうこうして平日にムスメと出かけられる日は

ないかもしれない。

振り返ってみれば、

とても貴重で贅沢な「ひとつき」だったんだと思う。

(ああ、でもまだ圓光寺に行けてない…^-^;)