ひとコマ

日常の小さな出来事。

ツバメと同居…笑

5月の半ばにムスメの配属先が決まり、

6月のはじめに彼の地へ引っ越していった。

初めての一人暮らしである。

ところが先に荷物を積んでムスメと出発したオットから

「ツバメと同居」というラインが来た。

 

引越し先を決めるにあたり、

3週間前にアパートを内覧したときには

ツバメの気配はなかったのだけれど、

いつのまにかツバメが巣を作っていたのだった。

というわけで、現在、ベランダは

ツバメに乗っ取られ中、笑。

 

f:id:suzukokage:20210619140923j:plain

親ツバメたち。

トンボをくわえてる。

え?!結構エサ大きいのね、^-^;

 

f:id:suzukokage:20210619140558j:plain

引っ越した時はまだ生まれてなかったのだけれど、

数日前にヒナが生まれたらしい。

糞さえなければ、可愛いんだけれどね…と、ムスメ。

毎朝、ベランダ掃除しているとのこと…お疲れ様。

 

f:id:suzukokage:20210605190601j:plain

これは引越し当日、泊まったホテルの窓から。

ムスメからはたまに夕暮れの写真が送られて来る。

一人暮らしを楽しんでいるようで、何よりである。

 

 

痛みのゴールデンウィーク

f:id:suzukokage:20210509123618j:image

このゴールデンウィークはほとんど寝たきりだった。

5月1日、左腰のすこし下のあたりが痛いので、

念のため、湿布を貼る。

2日、起き上がろうとすると激痛。

尾てい骨のあたりがとにかく痛い。

時間が経つほど、痛みが増してきて、

なんだか絶望的な気持ちになる。

ネットで調べると、どうも坐骨神経痛の症状。

3日目も寝たきり。

食事をとるのも座れないから、

寝たまま食べることにする。

一応、家にあったロキソニンを飲む。

4日もあまり状態は変わらず。

ロキソニンで少し症状が緩和された時を狙って

なんとかシャワーを浴びる感じ。

とにかく連休があけるのをじっと待った。

虹は5月2日のもの。


f:id:suzukokage:20210509123611j:image

食事の用意はムスメがほとんどしてくれた。

私はまるでおばあちゃんになった気分。

ああ、なんだか老後の生活が思いやられる。

お買い物行けなくなったら、生協とネットスーパーかしら。

ネットスーパーは使ったことがないけれど、

友人はこの間使って、とても助かったと言っていた。


f:id:suzukokage:20210509123608j:image

6日、朝一番に整形外科を受診。

覚悟はしていたけれど、時間かかった。

2日や3日のような激痛はおさまっていたので、

なんとか待合室で待てる。

でも椅子に長時間座るのはつらいので、

立ったり座ったり。

結局、診察が終わったら、

とっくにお昼は過ぎていた。

でも先生がその日のうちに

なんとかMRIの予約を取ってくれたので

午後3時にMRIを撮りに行くことになった。

会計待ちの間に、院外薬局に処方箋を送り、

院内カフェで食事を取った。

今はパシャっと撮影するだけで処方箋は薬局に送られる。

世の中進化していて驚き。

そしてお薬手帳もアプリで管理。

(でも、ココカラとキリン堂スギ薬局

それぞれおくすり手帳のアプリがあるのよね。

統一アプリってするわけにはいかないのか?)

MRIは閉鎖空間より音にびっくりする。

(閉鎖空間は目をつむっていれば大丈夫な私)

無事に検査終了。

 

f:id:suzukokage:20210509182113j:image

 

翌日、MRIのCDRを持って、再び整形外科へ。

結果、腰椎と仙骨の間の椎間板が神経に触っていた。

いわゆる椎間板ヘルニアである。

とりあえず、お薬とコルセットで様子見。

今はお薬が効いたのか、

とりあえず激痛は無くなった。

今も尾てい骨あたりはしびれているので、

まだまだ油断はできないけれど。

だんだんと体が壊れていってるなぁと

思う今日この頃。

ここ数日、あまりの痛さに

もし万が一、末期ガンになったら、

ホスピスで痛み緩和治療をしてもらいたいと

切実に思ったのだった。

写真はなんとか歩けるようになった帰り道。

太陽柱(サンピラー)になっているのを見つけて

パシャリ。


f:id:suzukokage:20210509123615j:image

母の日のプレゼント♪

ムスメは今リモートなので、

お給料を使う機会がなかなかなさそう、^-^;

ムスメの卒業。

f:id:suzukokage:20210322104820j:plain

3月、ムスメが大学を卒業した。

コロナ禍のなか、果たして無事に卒業式が出来るのか?と

心配だったが、学生限定という形で執り行われた。

(親はネットのライブ配信を見る形。

ちょうどバスから降りて、鴨川のたもとで配信を見ていた。

上の写真はその時のもの。)

卒業式のあと、謝恩会は当然開催されることはなく、

お昼ご飯も食べることなく、

粛々と皆と名残を惜しんでいたみたいだ。

 

f:id:suzukokage:20210319134900j:plain

ムスメの修士2年目は非常事態宣言で始まった。

せっかく某財団の研究費が当たったというのに、

もしかしたらフィールドワークができなくなる?

という不安から始まった4月。

なんとか夏にはフィールドワークに出かけることができて、

無事にデータを取ることができたようだった。

でも、本来の活動時期より2ヶ月ほど出遅れたため、

なかなか大変だったようだけど。

無事に修論提出できてよかった。

あと某学会で賞をいただいたのだけれど、、

やっぱりコロナの影響で授賞式は開催されずに終わった。

(ただ華々しく大学のホームページのトピックスに載ったので、

びっくり。

↑本人の予定では、研究室のホームページにだけ

ひっそりと載るつもりだった、^-^;)

 

コロナ禍でなければ、

修士2年では海外の学会に行く予定だったりしたのだけれど、

それもまた夢のまた夢で終わってしまった。

(私も密かに一緒に行こうと思ってたのに…残念だ)

もちろん卒業旅行も無しである。

色々とナシナシ尽くめな1年だったけれど、

とりあえず無事に卒業できたことが、何よりと思う。

 

f:id:suzukokage:20210319175255j:plain

さて、四月からは新入社員としてリモートで研修を受けている。

社会人としての一歩を踏み始めたムスメ。

あらたなステージをまた精一杯頑張って欲しいと思う。